その4 熱いイベントを楽しむ!

◆浅間の火祭り

◆たぬまふるさとまつり

◆さの秀郷まつり

◆三毳山大文字焼き

◆み魂まつり

◆くずう原人まつり


浅間の火祭り

この火祭りは、約1000年前、藤原秀郷一族が威勢を誇示するために山上で火を焚いたのが始まりといわれ、関東の奇祭とも言われています。山頂で神主が無病息災、五穀豊穣を祈願した後、やぐらに火がともされ松明に火をともし下山します。
【日時】

令和元年7月20日(土)
午後7時点火 【式典】午後4時30分


たぬまふるさとまつり

「田沼の水で地球を冷やせ!」をテーマに、水風船による「水合戦」が小学生の部・大人の部で開催されます。
日時:令和元年7月21日(日)
場所:田沼行政センター駐車場(佐野市田沼町)


さの秀郷まつり

佐野のまちをつくったといわれる藤原秀郷を称え、秀郷流流鏑馬や市民総おどり、みこし・おはやしパレードが夏の佐野を盛り上げます。
日時:令和元年8月10日(土)、11日(日)両日午後3時から 場所:佐野市役所周辺(佐野市高砂町)
第27回さの秀郷まつりのページへ移動(クリック)


(8/14更新:中止になりました。)三毳山大文字焼き

山容美しく、古くから人々に親しまれる「三毳山(みかもやま)」の西斜面に、縦80m、横60mの「大」の字が炎でゆっくりと浮かび上がります。地元の皆さんの手によって行われ、夏の風物詩として市民や訪れる人々を魅了しています。
日時:令和元年8月15日(木)午後4時から 場所:三毳山西斜面 イベント会場は佐野工業団地会館西側(佐野市栄町)
三毳山大文字焼きのページへ移動(クリック)


み魂まつり

佐野の夏の風物詩の一つ「み魂まつり」。秋山川の川面には灯篭の光が映し出され、夏の夜を幻想的に彩ります。
日時:令和元年8月18日(日)午後6時から 場所:秋山川河川敷(佐野市天神町)
み魂まつりのページへ移動(クリック)


くずう原人まつり

21世紀の古代ロマン!化石発掘体験、古代火起こし体験、弓矢・丸太切り・火おこしでタイムチャレンジ!そして名物原人焼き??こんなお祭り他にはない!
日時:令和元年8月24日(土)正午から
           25日(日)午前9時から 場所:嘉多山公園(佐野市嘉多山町)
くずう原人まつりのページへ移動(クリック)


 

関連記事