東照宮

権現大祭

毎年5月16日・17日の2日間、春日岡山境内において、祭典がおこなわれ、植木市が立つことで知られています。

徳川家康公のみ霊が、静岡県久能山より日光遷葬の途中一泊しましたが、この仏緑により東照宮本殿等の造営が成りました。江戸中期を代表する華麗な建造物と評価され、県の重要文化財にも指定されています。

関連記事