CA260159

飛駒和紙

飛駒拘の和紙は江戸時代、桐生川の上流、入飛駒(現桐生市)から伝わったもの。自生の楮(こうぞ)から漉いた飛駒産の生紙は、色は少々黒いが丈夫で長持ちと評判で「飛駒八寸」と呼ばれて古来、障子紙や大福帳に愛用された伝統があります。

関連記事