tenmei

天明鋳物

1千余年の歴史を生き抜いた佐野の鋳物は、天明鋳物と称されています。
梵鐘、仏像、鰐口、茶釜、燈籠、湯釜、床置、花瓶、火鉢等の美術工芸品から風呂釜、鍋などの日用品や農具品又、需要の変化に伴い、機械工業の関係機器分野にも進出するようになりました。

関連記事