粘土瓦

光沢、気品、耐久性で知られる「野州瓦」は日光東照宮造営の瓦職人がよい粘土を産出する当地に伝えた「いぶし瓦」で、特に気品を貴ぶため鬼瓦に鬼面をつけず、「水」字の紋様など火災除けの印を刻む鬼板となっており、都内はじめ関東各地から和風建築要材として好評を博しています。

関連記事