郷土博物館

佐野市郷土博物館

緑豊かな水の都「佐野」の生んだ偉人田中正造翁ゆかりの博物館

概要

佐野市郷土博物館は、佐野市を中心とする地域の考古・歴史・民俗等に関する資料を展示する歴史系博物館として、昭和58年11月に開館しました。

常設展示

田中正造

玄関を入ると正面には、明治期にこの地方に起こった足尾鉱毒事件(公害問題)に命をかけた田中正造翁を顕彰する展示室が設けられています。田中正造翁が政治家を志してからの足跡を関係資料で展示。

古代から近世へ

八幡山古墳やトトコチ山古墳、古代窯業遺跡等からの出土品の他、天明鋳物、西暦1598年オランダを出港、1600年日本に漂着した帆船の船尾についていたオランダの人文主義者エラスムスの木造等を展示。

近代のあゆみ

明治期よりの佐野の産業(機織り機等)を中心に展示。

佐野の際物(民俗資料)

武者絵のぼりやひな人形製作工程を展示。

企画展

佐野に関するテーマに基づく特別の展示。

その他の教育普及活動

史跡見学会、各種講座を行っています。

通常入場料

無料

企画展開催中入場料

個人一般 210円
(100円)
大・高校生 100円
(50円)
小・中学生 50円
(30円)

()内は20名以上の団体料金

関連記事