田中正造旧宅

田中正造旧宅

明治時代に起こった足尾鉱毒問題の解決のために尽力し、波瀾に富んだ生涯を送った田中正造(1841~1913年)の生家です。南側の県道に面して表門が、その右側に2階建ての隠居所があり、その奥に母屋と土蔵があります。隠居所については、昭和24年(1949年)から公民館として使用された時期もありました。

昭和32年(1957年)8月30日に栃木県指定史跡となり、平成5年(1993年)の栃木県史跡追加指定の時に「田中正造邸宅」から「田中正造旧宅」へ名称が変更されました。

なお、平成2年(1990年)3月には、県道拡幅工事に伴う保存修理が行われ、母屋や土蔵等の建物の改修工事を行いました。

現在、田中正造旧宅の維持管理は「小中農教倶楽部」が行っており、一般公開もしています。

公開日時

毎週火・木・土・日曜日
午前10時~午後4時

入場料

個人一般 300円
団体(20人以上) 200円
障害者及び小中学生、高校生 無 料

関連記事