オンラインショップ「さのまるの家」がオープンしました

【吉澤記念美術館】コレクションは文化のタイムカプセル

佐野市立吉澤記念美術館は今年開館20周年を迎えました。これを記念して、佐野の文化的豊かさを紹介する展覧会を開催します。前期では、コレクションの出発点となった江戸時代後期の吉澤松堂と高久靄ガイ(近世下野を代表する南画家)との交流に改めて注目し、作品と書簡5通などの資料を紹介します。また高久隆古・山本琹谷ら、靄ガイの次世代との交流を示す作品・資料により、「関東南画の庭」たる両毛地域における画家たちの活動の実情を紹介します。あわせて、吉澤記念美術館で最も有名な伊藤若冲《菜蟲譜》を展示し、「若冲ブーム」と共に歩んだ20年を振り返ります。

開催期間:【前期】令和4年 9月17日(土曜日)から11月13日(日曜日)まで

開館時間: 午前9時30分から午後5時まで

休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日

観覧料:一般520円(470円)

  • ()内は20名以上の団体料金
  • 障害者手帳等をお持ちの方とその介添者1名・大学生以下無料(要障害者手帳・学生証の提示)
  • 団体以外は来館予約不要。混雑状況によっては入館制限を行う場合がございます
  • 現金のみ
吉澤記念美術館ホームページ