磯山弁財天観光協会のホームページ公開についてを更新しました[2022.05.24]

食べる

佐野市には「佐野らーめん」をはじめ、「いもフライ」や「佐野黒から揚げ」など、美味しいものがたくさんあるんだよ。佐野に来た際にはぜひ食べていって欲しいなぁ。

佐野のおいしいもの

佐野らーめん

佐野といえば「佐野らーめん」。大正時代に。中国の料理人が青竹打ちを伝授したのが佐野らーめんのルーツといわれています。市内には100年以上の歴史を持つ老舗をはじめ、150店舗以上のらーめん店がそれぞれの味を競っています。 […]

いもフライ

蒸したジャガイモを串に刺して衣をつけて揚げた後、地元産ソースをかけて仕上げた佐野のソールフードです。甘みとホクホク感のあるジャガイモが特製ソースとマッチしておやつや夕飯のおかずに親しまれています。 佐野名物 いもフライの […]

佐野黒から揚げ

「佐野らーめん」「いもフライ」に続く新たな佐野市のご当地ぐるめを作ろうと地元のパパたち「パパプロe街佐野奉行所」が、新しい佐野の魅力を発掘し、PRする“佐野パパプロジェクト”で開発したソース味のから揚げです。 佐野黒から […]

耳うどん

葛生地区に伝わるお正月料理です。
鬼の耳に見立てたうどんを食べることで「家の話を悪魔に聞かれない」とか「近所の悪口が聞こえない」という云われから家内安全や無病息災の理由で伝えられてきました。現在では、佐野の伝統料理として市内の飲食店で年中食べられるようになりました。

そば

良質な水と気候・土壌がそば栽培に適しています。葛生地区の仙波や牧、田沼地区の野上や下彦間、飛駒といった地域ごとの産地に恵まれています。

大根そば

千切りにした大根をそばに混ぜたり乗せたりして食べる、明治時代より親しまれている佐野市の郷土料理です。もともとは大根の千切りでかさ増しをしてお腹いっぱい食べるためと伝えられますが、そばのコシと大根のシャキシャキした食感、さっぱりした味が美味しいことから人気を博し今に至ります。健康にもいいと改めて注目されています。

しんこまんじゅう

「しんこ」とは、うるち米の新粉のことをいいます。精白したうるち米の粉と自慢のあずきをおいしい水で手間暇かけて練って仕上げます。赤や緑、黄色の印が特徴です。

銘酒

酒造りには美味しい米と美味しい水が欠かせません。佐野市内には江戸・明治の時代から続く3軒の酒蔵が、厳選された素材を吟味して酒造りを続けています。

かき菜

葉を手で掻いて収穫することから「かき菜」と呼ばれるようになったといわれるアブラナ科の栄養価が高い野菜です。ほうれん草などに比べ茎の繊維がしっかりしていて固く、ほんのりと苦みがあり、シャキシャキした食感が楽しめます。主に北関東、中でも栃木県佐野市で多く生産されています